季節の変わり目の寒暖差が肌に与える影響と解決策

秋は、女性の多くが肌トラブルを経験する季節と言われており、「最近、肌の調子が良くないと感じている方もけっこういらっしゃるのではないでしょうか。夏の紫外線によるダメージに加え、季節の変わり目の寒暖差によって、肌はどんどん老化していきます。冬の乾燥した空気を放っておくと、より深刻な肌トラブルにつながることもあるのです。

そこで実際に “夏老け “を感じている女性がどのくらいいるのか、またどのようなスキンケアをしているのかご紹介します。

一年のうちで最も老化が進むのが夏と言われていますが、その老化の結果が肌に現れ、実感できるのが今です。

女性を対象にしたアンケートでは、なんと9割が「夏の老化」を感じたことがあると回答するほどで、紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌表面のメラニン量が増え、シミやくすみの原因に。最近では、この季節の肌の衰えを「夏枯れ」「秋枯れ」と表現することもあるようです。

多くの女性は、日差しや外気にさらされ、肌がくすみ、乾燥する季節の終わりに、夏の老化のサインを感じ始めます。

週に1~2回の角質ケア
敏感肌の方は、角質ケアはせいぜい週に1~2回程度が目安です。あまり頻繁に角質を取り除くと、肌のバリアが傷つき、肌がより敏感になってしまいます。私は、肌に優しい洗顔料を使い、顔に円を描くようにマッサージしています。その後、ぬるま湯で洗い流しています。

シートマスクを使用する
シートマスクは、肌に潤いと栄養を与える素晴らしい方法です。私は、少なくとも週に1回はシートマスクを使いたいですね。20分ほど置いてから、肌に残った美容液をマッサージするんです。

保湿美容液を塗る
クレンジングと角質除去の後、保湿美容液を塗るのが好きです。マッサージしながら肌になじませ、そのあとモイスチャーライザーで保湿します。

モイスチャライザーを使う
オイリー肌の方でも、保湿剤を使うことは大切です。私は軽いジェル状のモイスチャライザーを使うのが好きです。顔と首に塗ってから、マッサージしています。

SPFを塗る
曇りの日でも、必ずSPFを塗ります。酸化亜鉛を含む物理的な日焼け止めを使うのが好きです。顔や首に塗って、マッサージするように塗っています。

洗顔を見直す
私は今までずっとお湯だけで洗顔していたのですが、年齢を重ねるごとに肌が少し荒れてきました。知り合いの美容師さんに相談したところ、どうやら私の敏感肌の原因は自分の脂性にあるとのことで、敏感肌の人でも使える洗顔料を教えてもらいました。実際、泡立ちがきめ細かく、気持ちよく肌の上を滑るように洗えました。

洗顔料というと肌がつっぱるイメージがありましたが、洗い流した後は自然なしっとり感。あまりの気持ちよさに、逆に心配になるほどでした。使い続けるうちに、肌のキメが整ってきて、くすみもとれてハリが出てきた気がします。
洗い流した後の肌のつっぱり感もなく、もっちりとした感触です。週に数回、洗顔後にマッサージしながら使うアイテムなので、週に一度のご褒美として使っています。毎日やらなくても効果を実感できるのは、女性にとっては嬉しいことではないでしょうか?また、爽やかな香りも気に入っています。

肌がくすんでいる場合、肌を明るくするためにできることがいくつかあります。週に1、2回の角質ケア、シートマスクの使用、保湿美容液の使用、保湿剤の使用、そしてSPFを塗る。これらのヒントを実践することで、より明るく輝く肌を手に入れることができます。

くすみが気が気になる方は目の下のクマにもお悩みの女性も多いと思いますが、これは一般的によく見られる現象であり、しばしば厄介なものとなっています。クマの原因によって一時的なものと永続的なものがあります。

クマの一般的な原因には、睡眠不足、ストレス、アレルギーなどがあります。これらの要因によって、下まぶたに血液や体液が溜まり、クマが現れることがあります。場合によっては、日焼けや遺伝が原因でクマができることもあります。

また、クマを目立たなくするために役立つ家庭療法や化粧品によるスキンケアも数多くあります。冷湿布は、血管を収縮させ、腫れを抑えるのに役立ちます。キュウリのスライスやティーバッグを目の上に置くのも効果的です。サロンなどの美容法は、コラーゲンの生成を促進することで、クマを目立たなくするのに役立ちます。